上手な株の運用方法とは

株の取り引きと聞くと、どうしてもギャンブルに近いなどの負のイメージが先行してしまいがちですが、基本に忠実に行えばかなりリスクを抑えて行うことが出来ます。しっかりと学べば銀行などに眠らせている資産を増やすことに繋がります。
主な購入方法はまず証券取引所で購入するというのが最も一般的です。そして、公募増資など企業が新しく発行したものを買うという方法、もう一つが当事者間で直接売買するという方法です。当事者間で売買も法的には問題ありませんが、基本的には前者二つの取り引きが一般的です。
運用する上でのメリットで最初に挙げられるのは、売買益を得られるという部分です。購入した時の値段よりも高い値段で売れれば売買益を得ることが出来ます。また、企業の利益を配当金という形で得ることが出来ます。さらに企業によっては優待的なサービスを提供してくれます。
この配当金が年間5%を超える企業もあるため、銀行に預けるよりかなり大きな利益になります。運用方法によって利益の上げ方は変わりますが、短期間であれば売買益、長期間であれば配当金での利益が中心となります。こういった魅力もある一方、企業の倒産などで価値がなくなるリスクもあるため、十分な注意が必要になります。