投資の目的

節約だけではお金はなかなか増えないものです。そこでちょっとお金を増やす勉強でもしてみようかと考えた事のある方も多いはずです。無茶ははじめから除外ですが上手な資産運用を暮らしに取り入れてみることは特段無理なはなしではありません。世界全体を長期でみると経済は成長していく可能性が充分にあります。ということは長期的に計画をたてて運用すればお金を増やすことは充分可能なのです。早めにはじめて時間をかけてお金を育てるという感覚が手堅い資産運用のコツといえます。
とはいえ自分の判断力や決断力を駆使して短期間で少しでも割り増しの利益を得ることを目的とする方もいます。投資のタイプは大きく分けて2つのタイプがあります。
1つは長期タイプと呼ばれるものです。最低でも2年先を見据えて行います。大きな損失を出来るだけ避けて長期間でお金を増やすことを目標とします。もう1つは短期タイプと呼ばれるものです。これは数日から数週間のあいだで行っていきます。株式や為替などの価格の変動を読んでその差額で短期的に大きな利益を得ようというものです。
前者は準備や整備をコツコツ行って収穫の時期を待つ農家のような感覚といえます。後者は常に全体の流れとタイミングに気を配り確実に利を得るという漁師のような感覚といえます。