証券会社の役割

株の売買の際によく聞かれるのが証券会社の名ですが、そもそもどういった業務を行っている会社なのかご存知でしょうか。実はその業務内容には、株取引に重要な4つの役割があるのです。
まず最も中心的で一般にもよく知られているのが、売買の仲介的な役割、いわゆるブローカー的な業務です。株を買いたい人や売りたい人の注文を証券取引所に伝える事で、株取引を円滑に成立させる事が目的です。売買の際には手数料が必要ですが、この手数料が仲介料となっています。
また、仲介だけではなく、直接株取引に参加をする事により、ディーラー的な役割も担っています。株の売買で直接収入を得る事も業務目的の一つですが、売買を成立させる事で市場の活性化も果たしています。
更にこれらの証券取引は、市場を介して行うだけではなく、株式会社から直接買い取って各投資家に売り出す事もあります。自社で売るだけではなく、他の証券取引を行っている会社に株式を委託してそこから購入を希望する投資家を募ったりといった業務を行っている場合もあります。これらの業務を行う事により、各株式会社は手間や時間をかけずに会社の運用資金を得る事が可能となります。
このように、多様な業務を執り行う事により、スムーズな取引と、経済の安定化が図られているのです。