株と換金

株を取引きするためには、証券会社に専用の口座を作ります。専用口座にも種類がありますので、自分の用途に合わせてそれを選びます。株取引で得た利益は、課税対象となりますので、株取引のやり方に応じて口座を選ぶ必要があります。株取引により得た利益は、確定申告をしなくてはいけません。その時に、源泉徴収をしてもらうのか、それとも確定申告の際に自分で納めるのかを口座の種類によって決めることができます。
また株は持っているだけでなく、それを売買することで利益が得られることがあります。株を換金する方法は、ネットで決済する方法と、証券会社で電話や、窓口で手続きする方法があります。どちらも売買手数料が発生します。
株取引が初心者で、手続きや売るタイミングに自信がない時は、窓口の担当者に相談できるというメリットがあります。また株を売る頻度がほとんど少ないという方は、手数料の金額にそれほどこだわらず、利便性の高いほうを選べます。
しかし頻繁に売買を繰り返す場合は、その際の手数料も高くなり、結局売ることで得られる利益も半減してしまいます。ネットで取引なら、手数料もかなり安く抑えることができます。デイトレードをされる方は、ネットでの取引が便利でお得です。