株と株主総会

株式投資を行う上で知っておきたいこととして、株主総会があります。これがどのような仕組みになっているのか、また自分とどんな関係があるのかを学ぶべきなのです。株と関係性が高いこのシステムについて見ていきます。
議決権を持つ株主が参加する総会のことを意味しており、投資している企業の重要決定事項を取り決めていくことになります。つまり、企業の経営に意見をすることができる権利を持つ株主が対象となるわけです。持ち株が多いほど権力を持ちますので、意見は通りやすくなります。
株主に対しては、事前に書面で招待状が届くのが一般的です。決済時など、定期的に行われる総会もあれば、臨時総会も開かれる場合があります。企業の今後を左右する大きな出来事がある場合、緊急的に召集されることもあるのです。
重要事項の例としては、定款の変更があります。株主へ対する影響が大きくなるため、賛否を意見してもらうのです。
取締役や監査役といった上役の選任の際にも開かれます。誰がいいか、支持する人を指名するのです。
時には、株主としては嬉しくない自体も起こり得ます。会社の解散や合併といった話が持ち上がることがあるのです。会社が上手く行っていない場合に、会社の存続が危ぶまれることがあり、大株主たちが召集される場合があります。