株の基礎知識

会社が経済活動していくにあたって、資金が必要です。しかし自分たちの力だけで資金を集めるには限界もあります。事務所の運営や製造業の場合には、機械などの設備投資、サービスを提供するにあたって資金は何かと必要です。
この会社の運営するための資金を確保するために株を活用することがあります。出資者から資金を集めて、集まった資金を元手にして事業を行います。もし事業を行って利益を上げることができれば、その利益を出資してくれた人に対して還元をします。
これがマーケットで行われている投資法の一種なのです。その他には、銀行などから資金融資を受けて経営する方法もあります。ただし融資の場合、借りたお金を返済していかないといけませんし、利息の支払いをしていかないといけません。
出資の場合、別にお金を借りているわけではないので期限までに返済しないといけないというルールはありません。また利息の支払い負担も発生しないので、出資者にお金の支払いのことを意識する必要はないので、融資よりも好都合といえます。
このような背景もあって、会社の中には証券を発行して出資者を募る方式をとっている所も多いです。また出資者としても、証券を購入して取引することで資産を増やすことも可能というメリットもあります。